紙芝居・・・

0
     2、3ヶ月前から「さかえ紙芝居一座」という紙芝居グループの方に絵のアドバイスをしている。。。
    と、言いながらつい自分でも描きたくなってしまいほとんど一座の一員のようになっている。

    一緒に色を塗っていると目からウロコなことがたくさん。

    年代も違えば、環境も違う。

    何よりあまり絵が好きではない人もいて、だからこそ純粋で天真爛漫で
    子どもの絵に近いことに最近気がついた

    夜の空は紺でも黒でもない。
    不思議な色。

    なんだか、今まで囚われてことがばかばかしくなった。

    自由な発想こそ、絵の醍醐味。
    今、本当にいい経験をさせてもらっている

    栄区に伝わる昔話をオリジナル紙芝居として制作中なのだが、昔のこと・・・
    たとえばお百姓さんの着物とか、手の甲につけているものの名前とか、牛を引く時の綱の巻き方とか、私が知らないことを本当によく知っている。
    昔話を描く上では、それはとても大事なことなのだ。

    色を塗りながら、昔の話も聞ける。
    戦時中の話、防空壕の話、満州からの引き上げの話・・・

    若い世代に伝えていくべきことがたくさんあった。

    昔の人は、男も女も芯が強かったんだな。。。

    私が話して伝えることは難しいけど、
    戦争のことも紙芝居にすれば、伝わりやすいのかな〜と思ったり。
    津波や地震のことを題材にするのもいいのかな、と思ったり。

    私にできることもまだまだあるかもしれない
    もんちゃん * - * 20:13 * comments(0) * - * - -

    トルネードポテト

    0
      那須のアウトレットで見つけた、トルネードポテト。
      じゃがいも1個が竹串にぐるぐるまきになって、
      いろんなスパイスを選んで食べるものでした。
      このトルネードが面白くて、早速家に帰って試作。
      トルネードポテトアウトレットでたべたトルネードポテトは厚みが均等でそこそこ薄かったのですが実際に自分で包丁できると思うように薄く切れなくて。。。。
      で、こんなんできました。味付けは、塩とガーリックパウダー

      美味しいトルネードポテト
      なかなか美味しくて、癖になりそう。
      トルネードに切る機械はヤフオクに売っていたけど
      9万円するので、我が家では
      包丁一本で勝負することにしました。
      皆さんもお試しあれ!
      tulip-staff * - * 15:03 * comments(0) * - * - -

      ちゅーりっぷカフェの卒業生(^^)

      0
        今日、栄区のログハウスで、な〜んか会ったことあるなーって女の子と出会いました
        おじいちゃんと妹と一緒に遊びに来ていて、受付カードにひらがなで一生懸命、なまえを書いていました。
        ルナちゃん!そうそう、3、4年くらい前によくちゅーりっぷカフェに遊びにきていたルナちゃんでした

        私のことを覚えているのかいないのか、とても人なつっこい笑顔で話してきました。
        大きくなったなぁ〜。。。
        1年生だもんね。

        ちゅーりっぷカフェも早8年?9年?
        幼児は小学生に、小学生は中学生に・・・子どもは大人に。
        当たり前のことだけど、とても不思議で、とても嬉しいことだね
        もんちゃん * - * 22:04 * comments(0) * - * - -

        どうしたら、放射線汚染の不安が減るか

        0
          福島原発の事故後、原発から110キロ離れている栃木県の大田原でも
          放射線の被曝に関心が高い。
          しかし、放射線に詳しいわけでもないし、与えられる情報を信じるしか出来ず
          不安はぬぐえないままである。

          ネットサーフィンをしていたら、こちらの動画を目にした。
          専門用語もあるし、よく聞いていないと分からないが、
          この先生は、日本の将来を危惧して、声を荒げて国に訴えてくれている。

          そう、確かに、一生懸命、未来の子ども達のために頑張ってくれている政府なら信用できるだろう。
          こちらの先生の主張を元に、国が政策を改めて欲しいと思う。
          tulip-staff * - * 15:29 * comments(1) * - * - -

          保育士のお仕事

          0
            先日、NHKで何気なく見ていたら、港南区の保育園を手がける会社にお笑い芸人のくろちゃんが保育士を体験している番組がありました。(お仕事ハッケン伝)
            ちょうど、震災の前後にくろちゃんは体験していたようです。

            すごく、厳しい指導をうけているくろちゃんは、およそ芸人とは思えないほどどんよりしていて、お遊びでは務まらない、「保育のプロ」の厳しさを目の当たりにしてました。

            未来ある子どもを預かっている、保育士の責任感はもちろん感じたのですが、まだ、幼い子どもを預けて仕事に行かなければ生計が成り立たないという若い世帯の現実も突きつけられているようで、なんか、表現できないもやもや感が残りました。
            お仕事ハッケン伝
            せめて、3歳までは母親の手で子育てして欲しい。そう思うのは時代遅れなのでしょうかね。。。
            tulip-staff * 幼稚園・保育園・学校の事 * 10:53 * comments(0) * - * - -
            このページの先頭へ